カテゴリ:その他( 7 )
更新停止のお知らせ
呼んでる・・・e0010873_21125528.jpg


←新幹線の塔  T○Y○TAの塔→


ココガ・・・ナゴヤ・・・ワタシノ・・・フルサト・・・





そうか、俺はやはり名古屋を離れてはいけなかったのか・・・!!



名古屋が俺にもう一度やり直せと囁いている


当ページは当分の間更新を停止します。

きゃのんの日記はこいつにコンティニューだ!にて受験日記(笑)として継続します。
[PR]
by CannonB | 2008-03-31 21:39 | その他
差し迫ってまいりました
電話かけたり電話かけたり・・・
でもなんだかんだ言って地方都市ってのはのんびりしてて楽な所だと思う。
[PR]
by cannonb | 2008-03-27 10:38 | その他
うおお
アニメ版もっけの最終回に全俺が泣いた。なんという破壊力!
・゚・(つД`)・゚・ばーちゃん!!!
[PR]
by cannonb | 2008-03-18 18:50 | その他
といか?
超シンプルなデザインのICカード。


e0010873_164058100.jpg


こういうデザインは好きです。

といかです。

SUICAの東海Verみたいなもんです。

使用可能な範囲が静岡県東部まで延びたので買ってみました。


首都圏行くともうSUICAユーザーが大半というか、切符で通ってる人あんまり見ないんですが、名古屋ではそうはいかないようです。


なぜかと言えば、
e0010873_1783224.jpg


↑これの明るい範囲で使用できます。


3/5追記:上の地図、てきとーに拾ってきたら計画とか構想段階の路線が混じってた・・・!!
茶色は「リニモ」、橙は「あおなみ線」として完成済み。
ピンクの飯田線は、上飯田-平安通のみ開通、残りは計画凍結。
赤の桜通線は、野並から先は建設中。
緑は審議中。
黄緑・水色・灰色は妄想レベル。

中央上の『ピーチライナー』は2006年廃線。(-人-)ナムナム



という残念なカード。上のは名古屋市内の図で、名古屋市外でも広く使うことは出来ますが、基本的には一本道です。


TOICAの普及率が首都圏のように上がらないのはこの単純な理由によるものと思われます。

名古屋人の足とはすなわち地下鉄なのであり、JRは『郊外から名古屋へたどり着くための手段』というわけです。

名古屋人のカード嫌いは有名ですが、ユリカの普及率を考えれば、ICカードの普及が進まない理由とはならないと言っていいでしょう。

名古屋市営地下鉄とか名鉄での利用ができるようになれば(特に地下鉄)、現在名古屋市内でのJR利用者の半分と言われるTOICA普及率ももっと上がるんでしょうが・・・いつか実現するといいですね。


3月29日から、SUICAとICOCAとの相互利用が出来るようになるらしいです。


SUICAと同時に財布に入っていると改札を通れないので、その時がきたらSUICAのほうは払い戻してしまいましょう。
[PR]
by cannonb | 2008-03-03 17:39 | その他
ちょいと音速遅いけど
googleまたか。

http://images.google.co.jp/images?q=%E9%8F%A1%E9%9F%B3%E3%83%AA%E3%83%B3
スクリーンショット

yahooもか。

http://image-search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%8F%A1%E9%9F%B3%E3%83%AA%E3%83%B3&search_x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8
スクリーンショット


また技術的な問題(仮)ですか



技術的な問題ですと言ってしまうのは要するにただの敗北宣言な訳で。

技術的な問題でこんなことが起こりますってのは検索エンジンの名折れ、技術者にとって屈辱だと思うんだけど
言い訳するのは技術者じゃなくて広報担当者だしね。



言い訳を言うにも、もうちょっと面白いジョークでも考えたらどうだろうか。

More
[PR]
by cannonb | 2008-01-15 07:55 | その他
*おおっと*
圧縮・展開ソフト「Lhaplus」に脆弱性(11/22付)

だそうで。


長年使っているお気に入りのソフトで、周りの人に布教した覚えもあるので掲載。

アップデートしちゃってね。
[PR]
by cannonb | 2007-11-26 15:32 | その他
野球って面白いよね。
いまさらだけど。

【ニコニコ動画】中日ドラゴンズ 2007日本シリーズ(+CS)名場面集

いやあ日本シリーズ面白かったね。
CSも別の方向で面白かったけど。相手投手の炎上っぷりとか。

前回の竜vs公の日シリにも増して、勝ち負けを抜きにして面白い試合ばかりだった。

最終戦の監督の采配については、ケガ云々がなかったとしてもあれは正しいかと思います。
試合はチームが勝つためにやるものだという戦いの本質を疎かにして、個人の記録に拘るような監督はいらんと思います。継投でパーフェクトならそれでいいじゃないの。
[PR]
by cannonb | 2007-11-08 06:05 | その他